ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

落選してほしい政治家3:足立康史(日本維新の会)。足立康史の動画を見たが、その舞台はなんと国会だった。噴飯ものだ。

動画で、私が落選してほしいと思っている政治屋足立康史の「主張」を見た。(210604 @あだチャン 中国残留日本兵家族の名誉回復へ 深田萌絵氏の主張を日本政府に問い質す 衆院内閣委 #あだチャン #あだち康史 #足立康史 - YouTube)

 

「背乗り」ということと「残留日本兵」ということを強調していたが、本当の論点はそこではない。

足立康史は、「論点すり替え」を行っていたように思う。

問題は、「国籍」なのだ。

「残留日本兵」の方は、権利として、「国籍」を選ぶことができる。

その子も孫も、権利として、同様に「国籍」を選ぶことができるのだ。

問題になっている人は、中国の国籍を持っている。

中国人として、中国の戸籍がある。

誰であれ、中国国籍を持ちながら、同時に日本国籍を持つことは出来ない。

それが日本の国籍法だ。

足立康史は、「中国の戸籍かなんかで~」というような言い方をしていた。

その戸籍が問題なのだが、それをさも、何でもないかのように印象操作しているように私には映った。

足立康史の話は、歯切れ悪く、真剣さも感じられなかった。

「愚かな、ダメな雑誌の関係者であるユーチューバー」を嘲笑しようとしているようにしか見えなかった。

「嘲笑する程度の人物」を、あえてなぜ国会で取り上げるのか?

それが分からない。

国会で取り上げるほど重要な問題であるならば、なぜ真剣に話をしないのか?

画面右下に映っていた人物も、足立康史に同調するかのようにせせら笑っていたように見えたが私の気のせいだろうか?

国会とは、重要な審議をする場ではないのか?

官僚が法的な説明をしていたが、「国籍法」の説明はなかった。

日本では、二重国籍は許されていない。

問題は、中国の国籍を持つ人物が、日本の戸籍も持っている、ということだ。

日本の法律では、二つの国籍を持つことは許されてない。

足立康史の話は、「目くらまし」に終始しているように見えた。

私はぜひ、足立康史には、落選してほしいと思う。

このような人物が日本の国会にいるのは、日本の恥だと思う。

それは同時に、私たち日本人の恥だ。

このような国会議員を、選んでしまった私たちの恥だ。

 

先の大戦で、日本のために戦った兵士たちの精霊は、足立康史を許すだろうか?

 許さない、と私は思う。