ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

◆◆中国1◆◆『習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐』(遠藤誉著、ビジネス社)。今年7月1日が中国共産党建党100周年。やはり遠藤誉女史の本は迫力がある、気迫がこもっている。

 今、遠藤誉女史がこの4月に刊行した本を読んでいます。第一章を読み終えましたが、今のところ、習近平の父・「習仲勲の伝記」のような趣きです。普通に読めばおそらく習近平の父・習仲勲の「偉大さ」が伝わってきます。

 私はこれまで気をつけたことがなかったのですが、「長征」、これは毛沢東率いる共産党軍が、12500㎞もの距離を、国民党軍と戦いながら、歩いて移動したことのようです。一万二千五百kmです。私は40kmほどの距離を歩いたことがありますがヘトヘト、その300倍以上。しかも戦闘しながら、重い荷物を背負って、食糧も不足しがちな状況下で、です。これは(当たり前のことですが)尋常ではありません。その闘志は、今の我々日本人には想像しがたいものだと思います。尋常ではない闘志。

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信中(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html