ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

満洲7:岡田英弘氏の著書『やはり奇妙な中国の常識』。中国は隣国でありながら、これほど違うのか唸らせる。軽口を交えつつ、中国の本質に斬り込んでいる、とても面白い本。

岡田英弘氏の著書『やはり奇妙な中国の常識』(原題『中国意外史』)を読み終えた。14本のエッセイ(論文)があるが、そのうちの10本は1978年~1979年頃に書かれた。なぜ書かれた時期にこだわるのかというと、この本には良くも悪くも「危機感」めいたものが感じられないからだ。余裕があったのだと思う。当時日本は高度経済成長を達成して豊かになっていた。一方の中国は貧しかった。じゃあこの本は面白くないのかというとそうではない。岡田英弘氏の本格的な研究書も何冊か読んだが、「学術書」であるにも関わらず実におもしろかったのだ。その岡田氏がつまらないものを書くわけがない、という先入観は、今回も否定されなかった。ただ中国に対する「余裕」がどうも今の私には馴染まず、読むのをやめようかとふと思いつつ、少し我慢して読み進めると、いつの間にかまた夢中に読んでいたりして、いつしか読み終えていた。もともと月刊誌の中国にまつわる「エッセイ」なのだから、肩の力を抜いて楽しく読めばいいわけで、その要求に見事に答えるものなのだな、と合点がいった。とはいえ、これは岡田英弘氏の本である。中国が経済的にも軍事的にも強くなってきた現在読めば、「なるほど、こんなに中国ってのは奇妙なんだな」では済まないものが内包されている。「中国人」の行動原理、思考原理が分かれば、外交なり安全保障の上でも、より的確な対処ができる。そのヒントが多分にこの本にもあると思う。

 

なお、14のテーマは次の通り。

人口

秘密結社1

秘密結社2

秘密結社3

食人

漢字1

漢字2

恋愛

結婚

恐妻

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信中(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html