ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

深田萌絵18:新刊『ソーシャルメディアと経済戦争』(深田萌絵著)、アマゾンで品薄解消されたようだ。ベストセラー1位。「試し読み」ができる!

深田萌絵女史の新刊本『ソーシャルメディアと経済戦争』、先日読み終えた。早めに予約しておいたので早く手に入れることができたが、アマゾンではしばらく品薄だったようだ。それで昨日かな、「アマゾンの在庫補充された」と短い動画で深田女史が語っていた。

ベストセラー1位!確かにこれは良い本です。

私は購入してすぐに読み終えて、「はじめに」だけでも読んでほしいと友人に薦めたが、久々に会ったから話は脱線、結局友人はパラパラと目次を見ただけで、私の希望はかなわなかった。無理にすすめるわけにもいかんし。

昨日あらためてアマゾン(ネット通販)を見てみたら、「試し読み」ができる。そうだな、そういう便利なのがあったな、と思い出し、読んでみた。「はじめに」だけでなく、目次、そのあとの「序」まで読めた。「なるほどなあ」と思わせる人物相関図(中国と台湾の企業・人物相関図)も「試し読み」で見ることができる。

だから人にこの本をすすめるなら、アマゾンの「試し読み」をしてもらえばいいのだが、全く興味のない人にとっては、それはそれで、それなりに面倒だ。ふだんアマゾンを使ってない人にもすすめにくい。

 

というわけで、「試し読み」できるところだけ、「文字起こし」してみようと思い、こうして書きはじめてみた。しかしなかなか多い。結構な分量だ。

 

「中国と台湾の企業・人物相関図」、これを「試し読み」できるのだけれど、これを見る時のヒントを少し。浙江財閥は、江蘇省浙江省を地盤とした財閥なのだが、大方の人には、「江蘇省?どのあたりにあるの?浙江省?何それ?」ではないだろうか?私は最近満洲関連の本を読んでいるが、地図のページを開いたままにして、地名が出てくるごとに確認している。それでヒント、まず福建省というのがあるが、これが台湾の左(西)にある。その上に浙江省、その上が江蘇省。ちなみに江蘇省の沿岸部の下方に上海がある。こうも言える。上海は、江蘇省浙江省の境界あたりにある。上(北)から順に、江蘇省、上海、浙江省福建省(右に台湾)、広東省(香港がある)。

 

「文字起こし」は今回は断念。

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信中(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

以前発行していたメルマガはすぐに「廃刊」にしてしまいました。

ご迷惑をお掛けしました。

「廃刊」にするとあとで読めなくなることを知りませんでした。

このメルマガは「廃刊」にはしません。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html