ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

石井孝8:『戊辰戦争論』。なぜ薩摩藩や長州藩は「強国」になることができたのか?

石井孝氏の著書『戊辰戦争論』を読みはじめた。

戊辰戦争」というと、鳥羽・伏見に始まる新政府軍と旧幕府軍との戦争、ということになるが、この書では、「江戸開城」「徳川氏処分」までに、およそ半分のページが割かれている。

いわゆる「戊辰戦争」以前の話がこの大部の本の半分を占めている。

今回読んだのはわずかだが、「薩摩藩の割拠政策」や「長州藩の割拠政策」などが面白かった。

 

薩摩や長州の「割拠政策」というのは、「一藩絶対主義」、ようは一つの藩内で、富国強兵を目指す政策で、官僚組織と常備軍を創設する。これは身分によらない人事によって可能になる。

航海技術を身に付けた勝海舟の門人たちを、海舟は軍艦奉行を罷免されて養えなくなったが、その門人たちが薩摩藩の貿易(密貿易を含む)に従事した。長州藩は下関における貿易を幕府によって監視されるようになり、薩摩藩に軍事物資の輸入その他、貿易で協力してもらった。

 

長州の人物の生没年を調べてみた。

高杉晋作 1839~1867

桂小五郎(木戸)1833~1877

伊藤俊輔(博文)1841~1909

井上聞多(馨)1836~1915

 

第一章「戊辰戦争前史」の目次(第三節まで)

 

第一節 薩長両藩の自立態勢

一 「西南辺境型領国」説

二 薩摩藩の割拠政策

三 長州藩の割拠政策と国際情勢

第二節 倒幕勢力の結成

一 薩長両藩の接近

二 薩長同盟の成立

三 倒幕勢力の政権構想

第三節 大君制絶対主義をめざす幕府

一 ロッシュの対幕府軍事援助

二 フランス経済使節の渡来

 

――

メールマガジン「偉人列伝」
ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html