ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

石井孝5:史伝『勝海舟』。坂本龍馬は勝海舟の門人だった。年齢は勝海舟が13歳上。

石井孝氏の史伝『勝海舟』を引き続き読んでいる。

1866年(慶応2年)7月、将軍・徳川家茂死去、あたりまで読んだ。

まだこの本の半分も読んでないが、いわゆる幕末の激動の渦中。

勝海舟はその後、1899年まで生きる。

「その後」のことも詳述されているのだろう。

著者の石井孝氏は、1909年生まれ。

 

この史伝に登場する人物の生没年が気になったので、調べながら読んでいる。

勝海舟(1823~99)

姉小路公知(1840~63)

小笠原長行(1822~91)

徳川家茂(1846~66)

徳川慶喜(1837~1913)

西郷隆盛(1828~77)

福沢諭吉(1835~1901)

坂本龍馬(1836~67)

横井小楠(1809~69)

佐久間象山(1811~64)

松平慶永(1828~90)

小松帯刀(1835~70)

 

勝海舟は、軍艦奉行として活躍。

塾を開いて指導。

そこに坂本龍馬も出入りしていた。

著者の石井氏は、海舟の塾を一種の政治集団、と指摘している。

竜馬は、勝海舟の「伝令」のような役目もこなしている。

1864年、海舟は、軍艦奉行を罷免される。

塾生を養えなくなったが、薩摩藩が塾生たちを引き受けた。

この年、海舟41歳、竜馬28歳。

勝海舟が竜馬の「師」であったことは知らなった。

ちなみに西郷隆盛は36歳だった。

勝海舟は、「公共の政」を目標にしていた。

幕府の内政改革における目標だ。

これは徳川慶喜の内政改革における目標とは相容れない。

真逆だ。

徳川慶喜は、将軍を頂点とした「絶対主義」を目指していた。

一度は軍艦奉行を罷免されたが、海舟は再びその職に任じられる。

 

――

メールマガジン「偉人列伝」
ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html