ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

満洲5:1945年敗戦、当時満洲帝国に155万人の日本人がいた。戦後、満洲(中国東北地方)は、中国の重工業生産の九割を占めた。(メモ)

『世界史のなかの満洲帝国』(宮脇淳子著、PHP新書)を読み終えた。最終章を読み終えて少しばかり脱力してしまった。「敗戦後」の満洲の混乱、修羅場があまりに凄惨だから。詳しい記述ではないが、数字がそれを物語っている。以下、メモ、敬称略。P218。昭和11年(1936年)(二・二六事件の年)、岸信介山口県)が陸軍に嘱望されて渡満、産業開発計画を推進。鮎川義介山口県、父は井上馨の甥)の日産財閥を招いた。日産は、日立製作所日産自動車日本鉱業・日本化学工業など130社、15万人を擁していた。当時、満鉄の総裁は松岡洋右山口県)。P225。1930年スターリンが独裁権を掌握。1932年満洲国建国。スターリンはモンゴル政策を転換、それまでの極左政策をやめて経済援助をはじめた(懐柔)。(満洲国がシベリア鉄道を分断できる土地だから)。P230。満洲の地が大きな戦乱に巻き込まれたのは、敗戦後の国共内戦が行われた4年間。P242。日本が満洲に残した遺産。ソ連に多くのものが移送(強奪)された。強制労働。遺産争奪の一例、国民党と共産党が昭和製鋼所・満洲製鉄鞍山本社の政治的支配を争い、その支配権は何度も入れ替わった。P247。戦後の満洲(中国東北地方)は、中国の重工業生産の9割を占めた。

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信中(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html

 

 

深田萌絵19:絶望的だな。そうなのだ。しかし絶望的だってことが分かるのは重大なことだと思いませんか?深田萌絵の新刊『ソーシャルメディアと経済戦争』を読もう!

今手元に深田萌絵女史の新刊『ソーシャルメディアと経済戦争』がある。新書とはいえ、密度の濃い本なので、通読するのにもそれなりに時間がかかった。私はこの本を読む前から、昨年の暮れあたりからだろうと思う、深田女史のユーチューブ動画を毎日のように見ているので、彼女の話は納得がいく。論理整合性、とでもいおうか、動画で「全体」の概要が分かり、この本で細かい所の、要所要所が埋まっていく。実に壮大なジグソーパズルの一片、一片が確実に埋まっていく。そのピースはまだすべてが埋まっているわけではなく、今も動画が更新されるごとに、一片づつ、きちんと埋まっている。

 

深田女史だけが、「なぜ日本はずっと不況なのか?」の理由を、具体的に、論理的に、説得力をもって、かつ、「どうすればいいのか」を提示しつつ、説いている、のだ。そしてそのように説明するだけでなく、実際に活動している。ずっとだ。ずっと戦ってきた、ほとんど孤立無援の中で。「単なるユーチューバーだろ?」と思う人は一度でもその動画を見れば、何かが分かる。なぜそう言えるのか、なぜなら深田女史が本気だからだ。彼女が自分のyoutube動画を発信するようになったのは最近の事だ。それ以前はずっと何人もの「愛国政治家たち」や「大物政治家たち」に陳情してきた。雑誌にも寄稿してきた。企業家として仕事をこなしながら、ITビジネスの専門家として、こつこつと書類を作成し、スケジュールを調整し、人知れず努力し、「愛国政治家たち」から「良い返答」をもらった時は、期待を込めて待った、待っていた、しかしその期待は裏切られ、逆に、国籍の疑わしい人物らに訴訟を起こされ、警察に行っても…。

深田女史がユーチューブ動画を発信するようになったのは、苦肉の策の末のことだ。ユーチューバーになりたくてなったわけではない。

深田女史が問題にしているのは、日本の「指導者たちの道徳」だと私は思う。「は?道徳?バカじゃねえ、道徳なんて一銭にもならんだろ、だいたい道徳なんて、人それぞれだろ」。そうかもしれない。そうなのだろう。しかし日本を動かす政治家や大物たちの「道徳」が、私たち一般庶民の許容範囲を今、大きく逸脱している、あまりに逸脱している、それが問題だ。「偉大な人物ってのは、小さなことに拘泥してたら、なんもできんよ」。それはそうだろう、しかし今日本の政界や産業界で行われていること、今まで長くずっと行われてきたことは、「一般庶民の許容範囲を超える悪」だ。小さなことではない。「久米さあ、お前、深田萌絵に完全に騙されてるんじゃねえの?信じ込んじゃったらダメなんじゃねえ?」。残念ながら私は信じ込んじゃったわけではない。最も妥当な仮説として注目している。「なぜ日本はこれほど長い間、ずっと不況なのか?」を説明する、これまで世界で説かれた最も妥当な仮説の一つとして、注目している。深田女史は「許容範囲を超える悪」を許さない。それはそうだ。その悪は許せないレベルにまで達している。多くの人が深田女史に共感し、彼女の活動を応援している。なぜなら、それは、私たちの生活に直結する重大な問題だからだ。「俺は何と言われようと、勝ち馬に乗るからな。勝ち馬に乗れるように、俺は本気なんだよ!」という人もいるかもしれない。分かる。とてもよく分かる。誰もが自分の生活が大切だから。孫正義という人がいる。私は彼は本気で戦ってきた人だと思う。しかし彼が幸福だとは思わない。ずっと寝覚めが悪いと思う。これまでも、これからも、ずっとだ。彼が何と戦って来たのか、詳しくは知らない。彼を称賛する人が多いようだが、彼の「信念」は日本の一般庶民の許容範囲を超えていると、私は思っている。日本人として、彼のことを許せないと思っている人は多いと思う。今後さらに増えていくと思う。

 

「俺はね、政治なんか興味ないんだよ、勝手にしてくれよ、俺がどうこう言ったところで何にも変わらないんだよ、そうだろ?」そうかもしれないがそうじゃない。興味がない、では済まない事態になっているのが、今。「深田萌絵のこの本を読んで絶望しろ、日本の政治と産業界に絶望しろ、日本の今と未来に絶望しろ!」と言いたい。「世も末だね」本当にそうだ。が。しかし。

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信中(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

以前発行していたメルマガはすぐに「廃刊」にしてしまいました。

ご迷惑をお掛けしました。

「廃刊」にするとあとで読めなくなることを知りませんでした。

このメルマガは「廃刊」にはしません。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html

 

 

満洲4:満洲帝国。リットン調査団。満洲事変。(満洲の洲の字は、本当は州ではダメ。州だと、満洲の起源が隠蔽される)。メモ。

引き続き『世界史のなかの満洲帝国』を読んでいる。

ふつうの新書(PHP新書)なので厚い本ではないが、内容が未知の領域、スラスラとは読めない。自分なりに整理してみたいがそれさえ覚束ないのが現状。

1932年、満洲帝国成立。首都は新京(長春)(1934年より溥儀が皇帝)

1945年8月18日、満洲帝国皇帝退位式。翌日、関東軍と開拓団の武装解除、溥儀と溥傑(溥儀の弟)がソ連軍に拘束されチタに連行される。

1945年8月8日にソ連が日本に宣戦布告したことはそれなりに知られていると思う。附録の年表を見ていたらその翌々日の8月10日、モンゴル人民共和国が日本に宣戦布告していた。翌11日に溥儀は新京を脱出。

 

蒋介石(1887~1975)浙江省出身。1927年孫文の死後、宋美齢と結婚し、孫文の後継者となる。

李登輝(1923~2020)1988年に台湾総統に就任。

張学良(1901~2001)張作霖の長男。1936年・西安事件により禁錮刑、のち蒋介石が台湾へ逃れた1949年、張学良も連行され、1990年まで自宅軟禁。1994年名誉回復、ハワイへ移住。

孫文(1866~1925)広東省出身。

宋嘉樹(1863~1918)=チャーリー宋

宋慶齢(1893~1981)宋嘉樹の次女、孫文の妻。

宋美齢(1901~2003)宋嘉樹の三女、蒋介石の妻。1991年9月以降はアメリカに定住。

(「コトバンク」などのネット辞典や深田萌絵女史の著書『ソーシャルメディアと経済戦争』を参照)

 

 ーー

満州事変の原因の一つに、満洲に渡った朝鮮人の問題がある。≫P189

 

ここでその事件「万宝山事件」(1931年)が起こったいきさつが、清朝初期の頃から説明されている。その事件は現在の吉林省延辺朝鮮族自治州で起こった。(満洲帝国時代には間島省といった。間島(かんとう)というのは朝鮮語からの音訳だそうだ)その地は、清朝の発祥の地である。今、「コトバンク」で調べてみたら、「中国人農民」とか「中国側」との表記でしか説明されていなかった、かつ基本的に日本=悪との立場でしかなく落胆。当時「中国」は統一されていなかった。バラバラだったのだ。『世界史のなかの満洲帝国』では、リットン調査団の報告書のことが書かれてあった。それによると、韓国各地で排華運動が起こり、特に平壌では、数千人の朝鮮人群衆が中国人街を襲い、127人の中国人が殺された、とある。

そもそもそこは、清朝発祥の地であったそうだ。よく調べないとこの事件の真相は分かりそうにないと思う。

 

1933年2月、国際連盟はリットン報告書を承認し、満州国を不承認。3月、日本は国際連盟を脱退。リットン報告書の詳細については知っている人は少ない、私も知らなかったし、宮脇女史の記述以外のことは分からない。たとえば上記の「万宝山事件」についての報告などは研究者を除けば、この本の読者以外は知らないだろうと思う。また国際連盟満州国を承認しなかったとはいえ、ローマ法王庁ほかイタリア、スペイン、ドイツ、その他15の国が承認し、事実上承認した国が23、とのこと。また意外なことに、蒋介石中国国民党政府は、1934年12月に満洲帝国と通郵協定、設関協定を結んだという。

 

1945年8月、日本敗戦。この時満洲帝国には155万人の日本人がいた。155万人である。この本の最終章の「日本敗戦後の満洲」はまだ読んでいないので、このあとの事はあまり分からない。ただ当時満洲帝国の首都であった新京(長春)でのちに大変なことが起こったことは間違いない。中国研究者の遠藤誉(ほまれ)女史(『中国製造2025年の衝撃』などの著者として高名)はその被害に遭遇してしまった方である。著書『チャーズ』に新京(長春)で起こったことが詳しく書かれていた。

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信中(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

以前発行していたメルマガはすぐに「廃刊」にしてしまいました。

ご迷惑をお掛けしました。

「廃刊」にするとあとで読めなくなることを知りませんでした。

このメルマガは「廃刊」にはしません。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html

 

深田萌絵18:新刊『ソーシャルメディアと経済戦争』(深田萌絵著)、アマゾンで品薄解消されたようだ。ベストセラー1位。「試し読み」ができる!

深田萌絵女史の新刊本『ソーシャルメディアと経済戦争』、先日読み終えた。早めに予約しておいたので早く手に入れることができたが、アマゾンではしばらく品薄だったようだ。それで昨日かな、「アマゾンの在庫補充された」と短い動画で深田女史が語っていた。

ベストセラー1位!確かにこれは良い本です。

私は購入してすぐに読み終えて、「はじめに」だけでも読んでほしいと友人に薦めたが、久々に会ったから話は脱線、結局友人はパラパラと目次を見ただけで、私の希望はかなわなかった。無理にすすめるわけにもいかんし。

昨日あらためてアマゾン(ネット通販)を見てみたら、「試し読み」ができる。そうだな、そういう便利なのがあったな、と思い出し、読んでみた。「はじめに」だけでなく、目次、そのあとの「序」まで読めた。「なるほどなあ」と思わせる人物相関図(中国と台湾の企業・人物相関図)も「試し読み」で見ることができる。

だから人にこの本をすすめるなら、アマゾンの「試し読み」をしてもらえばいいのだが、全く興味のない人にとっては、それはそれで、それなりに面倒だ。ふだんアマゾンを使ってない人にもすすめにくい。

 

というわけで、「試し読み」できるところだけ、「文字起こし」してみようと思い、こうして書きはじめてみた。しかしなかなか多い。結構な分量だ。

 

「中国と台湾の企業・人物相関図」、これを「試し読み」できるのだけれど、これを見る時のヒントを少し。浙江財閥は、江蘇省浙江省を地盤とした財閥なのだが、大方の人には、「江蘇省?どのあたりにあるの?浙江省?何それ?」ではないだろうか?私は最近満洲関連の本を読んでいるが、地図のページを開いたままにして、地名が出てくるごとに確認している。それでヒント、まず福建省というのがあるが、これが台湾の左(西)にある。その上に浙江省、その上が江蘇省。ちなみに江蘇省の沿岸部の下方に上海がある。こうも言える。上海は、江蘇省浙江省の境界あたりにある。上(北)から順に、江蘇省、上海、浙江省福建省(右に台湾)、広東省(香港がある)。

 

「文字起こし」は今回は断念。

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信中(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

以前発行していたメルマガはすぐに「廃刊」にしてしまいました。

ご迷惑をお掛けしました。

「廃刊」にするとあとで読めなくなることを知りませんでした。

このメルマガは「廃刊」にはしません。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html

 

 

映画1:『運び屋』原題『THE MULE』。クリント・イーストウッド監督兼主演。「仕事」と「家庭」はどちらが大切か?失い続けた87歳の老人が「家庭」を取り戻した。

2018年製作、クリント・イーストウッドは1930年生まれだから88歳で監督兼主演『THE MULE』が原題、muleってのはラバのことで、転じて運び屋。87歳の老人が大量のコカインの運び屋をして逮捕された、という実話に着想を得て、10年ぶりにクリント・イーストウッドがメガホンを取った。「彼が運び屋を演じるのか?」と思いながら見ていたら、やはりそうだった。罪の意識はないのか?なさそうだ。なぜクリント・イーストウッドは、あえて、こんな役を?とてもいい映画だったから、こうして書いているのだが、ネタバレはやめておこうと思う。いい映画だったが、しかし。仕事と家庭、クリントイーストウッドは家族が一番大事だ、と今更のように、映画の中で言っている。でイーストウッドは、87歳で運び屋をやってつかまった老人に何かを感じたからこの映画を作り、自ら主演したわけで、やはりクリントイーストウッドの「演技」はすばらしく、真に迫るものがあった。「俺は家族を省みずに仕事ばかりしていたが、家族が一番大事なんだ」みたいなことを心底思っている、かつての自分の愚かさを、87歳で運び屋をやりながら、悔いている(?)しかし、と思うのは、もしクリント・イーストウッドが家庭を省みるマイホームパパだったとしたら、あれだけテレビや映画に出演する事もできなかったし、監督作品だけでも実に多い。それだけ仕事中毒だった男が、88歳になって、家庭が一番大事だ、と映画の中で言う、なんだこれは?実生活においてクリント・イーストウッドがどんな父親だったのか、それは知らないが、どういうつもりでこんな映画を作ったのか。(ものすごくいい映画だ、なぜか)若いやり手の刑事が、クリント・イーストウッド演じる運び屋の老人を追っていた。刑事はこれまで結婚記念日を忘れたことはなかった。しかし、なかなか捕まえることができない老人を追っているうちに、その大切な日を忘れていた。その時、隣でコーヒーを飲み、刑事に「家庭を大切にしろ、家庭が一番大切だ」と世間話をしたのは、他でもない、運び屋の老人だった…。アンディ・ガルシアがマフィアのボスを演じていた。「世代交代」で部下に殺された。「コカインの悪」についてはほとんどノータッチ。それほどアメリカではコカインが「ふつうのもの」となっているのか、たぶんそうなのだろう。ギャングたちはもちろんいろんな銃をふつうに持っている。2018年。トランプ大統領の時代だ。運び屋の老人が「家庭が一番大事だ、カリカリするな、人生を楽しめ」と言った。それはトランプ大統領の「これまで外国の内政に関わりすぎていた。世界中に派遣した米軍を撤退させよう、アメリカへ帰ろう、家庭へ帰ろう、自分の家庭が一番大事なんだ」と言っているのと似ている気がする。(トランプ大統領はそんなことは言っていないかもしれないが、私には彼がそのように言っているように聞こえる。)ネタバレしないと言いながら、結構ネタバレしてしまった。一度は失ってしまった家庭を、この老人は、87歳で取り戻した、そういうファンタジー映画。(10年間イーストウッドはメガホンを取らなかったという。その10年間で彼は家庭を取り戻したのか?この映画は死んでしまった妻への讃美歌?)

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信中(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

以前発行していたメルマガはすぐに「廃刊」にしてしまいました。

ご迷惑をお掛けしました。

「廃刊」にするとあとで読めなくなることを知りませんでした。

このメルマガは「廃刊」にはしません。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html

 

満洲3:『世界史のなかの満洲帝国』(宮脇淳子著)を読んでいる。「満洲語」を話す人口は激減しているが今まだ話されている。

『世界史のなかの満洲帝国』を引き続き読んだ。

著者は宮脇淳子女史で、高名な歴史学者岡田英弘氏の奥さんでもある。

例えば満洲語は今はほとんど話されていないらしい。わずかに新疆ウイグル自治区その他で話されている。文字はなかったが、後金を建国したヌルハチ(のちの太祖)の創案で1599年から「蒙古字」を用いることになり、その後改良されていったという。

(ネット上に「満洲語」の画像がいくつもある。それを見た限りでは、アラビア語を縦書きにしたような印象を受ける。)

そもそも「満洲語」なるものがあった、そして今も話されているということさえ私は知らなかったのだが、今回までで本書の半分くらい読んでみて、そうした私にとっての「新事実」が多々あって興味深く読み進めている。

1559年、ヌルハチ(後の清の太祖)誕生。

1616年、後金建国(のちに、後金が拡大して清)

1636年、大清国建国(ホンタイジヌルハチの八男=清の太宗)

1644年、明、滅亡

 

清の公用語は、満洲語、モンゴル語、漢語の三つだった。

 

――

メールマガジン「偉人列伝」を配信しています(有料)。

月刊ですが最近は月二回の配信で定着しています。

以前のメルマガはすぐに「廃刊」にしてしまいました。

ご迷惑をお掛けしました。

「廃刊」にするとあとで読めなくなることを知りませんでした。

このメルマガは「廃刊」にはしません。

よろしかったら購読お願いします。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html

満洲2:古い映画『戦争と人間』を見た。あまりに露骨なプロパガンダ。俄かには信じられないが、こんな映画が流行っていた時代もあったようだ。

『世界史のなかの満洲帝国』(宮脇淳子著、PHP新書)を少し前から読みはじめた。

それまでも結構こんを詰めて読書しており、この本もササっと読めるようなものではないので、小休止、それで今日も映画『戦争と人間』の続きを見てしまった。

『戦争と人間』第三部。

これはのっけから南京事件

南京大虐殺と言われることもある事件から始まる。

(殺された人の数が)「30万人にものぼると言われている」というナレーションが流れ、衝撃的な写真が画面に映し出される。

それを見て私は、「ああそうか、この映画はやっぱりそういう映画なのだな」と思い、もう見るのをやめよう、と思ったのだ。

南京事件については昔けっこう読んだ。

30万というのは暴論で、私としては3万でも多すぎる数字だと思っている。

写真についても、そもそもそうした残虐な写真が南京で撮られたものであるかどうか、いつ撮られたのか、など、検証が必要なのは当然のことだ。

結局今日、三部作すべてを見たことになった。

最初の二部は雑用をしながらスマホの小さな画面で見たりもしていたので、あまり内容が頭に入っていない。

最後の第三部、これは今日ちゃんと見た。

第三部は戦闘シーンが多い。カラー映画だが、時に白黒の映像も混じる。

どうやらその白黒映像は実際に当時戦場で撮影されたものらしい。

この映画は1970年頃の日本映画だが、日本軍と日本軍人の描かれ様がひどい。

かつて実際に戦場に行った人たちが見たら、悲しくなるような、そんな酷い描写のされようだった。

共産主義者の学生たち」は、良い人間、として描かれている。

日本軍は捕虜を残虐に殺す、しかし支那八路軍は、正義の味方、捕虜にも親切、そんな風だった。

長いドラマの中で時折そうした露骨なプロパガンダ的な、奇妙で不快な場面があるが、実際の記録映像もあって、見て良かった。(楽しかったとかおススメとか、そういう意味ではない)

1970年頃、こういう映画が、日本の「豪華キャスト」を結集してつくられた、そして多くの人がこの映画を見たのだなあ、と。実際に満洲方面に行った元軍人がこの映画を見たとしたら、どんな想いを抱いただろう、あまりに理不尽に日本軍を、徹底的にこき下ろす描写。そこまで日本軍を日本兵を日本人を、嘲笑うのか。

 

映画の中で、軍部が米露の生産能力を示す数字を軽視する場面が何回かあった。それはそれで史実に基づくことだったのかもしれないし、そうでないのかもしれない。いずれにしろ、その場面が語りかけることは「事実を直視しろ」ということだ。「事実を直視しろ」とその場面は言いながら、他の所では事実無根の、ただ日本兵を断罪嘲笑するためだけの異様な場面を見せつける、その厚顔無恥に唖然とした。

そんな時代だったのか、1970年頃の日本は。

こんなひどい仕方で日本軍を日本の軍人を兵士を断罪し嘲笑するような、そんな時代だったのか。

 

映画だけでなくメデイアというのはいつの時代でも、誰かがスポンサーなわけで、「事実を直視する」ための手伝いをしてくれているわけではない。今も。

そんなことを思った。