ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

読書の楽しみ。ブック・ガイドにもいろいろあるが、私が昔はじめて手にしたブックガイドがたまたま目にとまったので、それを灰皿の脇に置いておいた。

灰皿の脇に置いて、タバコをすいながら、パラパラと眺めています。

『作家の値うち』という本で、書いたのは、批評家の福田和也氏。

この本は厳密には、ブックガイドというジャンルからはややずれている。

タイトルにある通り、「作家の値うち」を100点満点で評価する、という前代未聞のブックガイド。この書で80点以上に評価されている作品は、結構読みました。

 

100点満点で評価するわけだから、15点とか、23点とか、読むに値しない本というものも当然あるわけで、そうした「読まない方がいい作品」についても、福田氏の見解が冴えていて、非常に参考になりました。

2000年に初版が出ているので、かれこれ20年前ということになりますが、当時の福田氏の見解(批評)を読みながら、現在の彼ら(作家たち)のことを、タバコをふかしながら、あれこれ考えています。

 


____



メールマガジン「偉人列伝」、


ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html


____