ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

故・江藤淳氏の『昭和の文人』という本を読んでいる。「むかし豪傑というものがいた」。

私が「詩や短歌、俳句も面白いなあ」と思うようになったは、小林秀雄江藤淳吉本隆明山崎行太郎先生といった、文藝評論家の諸先生方の作品に接するようになってからだ。

詩や短歌、俳句も日本の伝統的な文藝である。

現在までに膨大な数の作品が生まれては消えて行った。

生まれては消え、そうして甦ってくる作品も多々ある。
『昭和の文人』で江藤氏が論じているのは主に、中野重治堀辰雄だ。
このお二人は、どのようにして「歪んだ時空間」を生きたのか。

中野重治氏は、作家としての作品も面白いが、その詩歌も『昭和の文人』には引用されていて、思わず引き込まれる。
たとえば、中野氏は「豪傑」というタイトルの詩(現代詩)を若い頃に書いた。それは中野氏の人生の目標のようなものだった。
以下引用

むかし豪傑というものがいた
彼は書物をよみ
嘘(うそ)をつかず
みなりを気にせず
わざを磨くために飯を食わなかった
後指をさされると腹を切った
恥ずかしい心が生じると腹を切った
かいしゃくは友達にしてもらった
彼は銭をためる代わりにためなかった
つらいという代わりに敵を殺した
恩を感じると胸のなかにたたんでおいて
あとでその人のために敵を殺した
いくらでも殺した
それからおのれも死んだ
生きのびたものはみな白髪になった
白髪はまっ白であった
しわが深く眉毛(まゆげ)がながく
そして声がまだ遠くまで聞こえた
彼は心を鍛えるために自分の心臓をふいごにした
そして種族の重いひき臼をしずかにまわし
そしてやがて死んだ
そして人は 死んだ豪傑を 天の星から見分けることできなかった

以上引用
中野重治氏の詩「豪傑」。『昭和の文人江藤淳新潮文庫P188・189からの引用)


100年近く前に書かれた現代詩だが、今読んでも実にいい。


____



メールマガジン「偉人列伝」、


ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html


____


ブログ「偉人列伝」

http://akisaburo.hatenadiary.jp