ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

私は山崎行太郎先生のブログ「毒蛇山荘日記」を毎日楽しみにしている。面白いしためになるからだ。

最近の山崎行太郎先生のブログのテーマは、「LGBT騒動」と「『新潮45』廃刊事件」だ。

 

杉田議員の「暴言」(「生産性がない」)を記憶している人は多いかもしれないが、その後、この問題が直接のきっかけとなって、月刊誌『新潮45』という文芸誌が廃刊になったことは、一般にあまり知られていないと思う。(山崎先生のブログを読んでいなければたぶん私も知らなかった。)

 

LGBT騒動」がなぜ、「『新潮45』廃刊事件』へとなっていったのか、そのことは、山崎先生のブログを読めばよくわかる。

 

そもそもの「LGBT騒動」だが、これはL=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダー、に関する問題なのだろうと推察される。

 

一般に、LGBTについて、「人それぞれでいいんじゃない?」という気分が圧倒的に多いと思う。私もそれはそれで、人のことに干渉しようとは思わないが、問題は、それが民法改正へまで発展してしまうことだ。


女性同士の結婚、あるいは男性同士の結婚、これを民法で認めるとなると、ただの気分では済まなくなる。


そもそもの「家族」という考え方が根本的に変わって来るし、家庭・家族が根本的に変わるとなれば、税制も変わる、社会が今とはまったく違ったものになるはずだ。

 

「男と男の結婚」や「女と女の結婚」、「あってもいいんじゃない?」という気分はわからないでもないが、その気分と民法改正は、別物だ。民法改正となれば、それは社会を根本的に変革することになる。これには私は賛成できない。

 

現状では、杉田議員を擁護した小川栄太郎という作家の書いたものを、高橋源一郎という作家が「公衆便所の落書き」と言って罵倒、嘲笑した。小川栄太郎氏がきちんと話がしたい(きちんと議論したい)という意思を表明している(対談を申し込んでいる)が、まだどうなるか分からない、ということのようだ。

 

一読者として、この対談が実現されることを願う。なぜなら、もし実現すれば、これは本気の、本音の議論になるだろうからだ。

 

また、「『新潮45』廃刊事件」の方も、どのような「圧力」があって廃刊になったのか、その経緯が山崎先生のブログで暴露されているが、さらに明瞭に詳しくわかるだろう。問題の本質が浮き彫りになるだろう。山崎先生も本気だ。



____



メールマガジン「偉人列伝」、


ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html


____


ブログ「偉人列伝」

http://akisaburo.hatenadiary.jp