ブログ「偉人列伝」(小説・批評・文芸・映画・政治・

いろいろ書きます。 メルマガ「偉人列伝」もどうぞ。 ご登録はこちらから。 → http://www.mag2.com/m/0001682071.html

🌈八切止夫という作家は、唯一無二の作家だ。癖になる。八切節、炸裂!

_f:id:someone1998:20180524063851j:plain

 

八切止夫という作家は、『信長殺し、光秀ではない』だけでなく、実に多くの本を残した人のようだ。

 

『信長殺し、光秀ではない』の中でも、話題は「歴史」だけではない。

昔の回想がいたるところにある。

破れた恋、何回となく繰り返した自殺未遂、ポルトガル語の文献(証拠)を探しにマカオ

そこで出会ったポルトガルの女性との、一方的な求愛(これは、そのポルトガルの女性が、八切氏に「求愛」したのだ)。

などなど。

 

実に面白い。

たぶん八切氏の本を一冊でも気に入ったら、ついついまた一冊、読んでしまうと思う。

八切節、という強烈な言い回しが、癖になる。

 

こんなことを書いておられる。

 

《そして、これは「信長殺しは誰なのか」という究明のレポートではなく、

「信長殺しは光秀ではない…という想念に憑かれてしまって、世俗的には一生を台なしにしてしまった愚直な男の物語」として読んで下さることを初めに約束していただく。つまり、ノンフィクション・ノベルなのである。》(P10、『信長殺し、光秀ではない』講談社)

 

 

どんな風に「一生を台なしにしてしまった」のかが、八切節、炸裂、奇妙な可笑しみと哀愁とともに、語られている。

 

いいなあ。

唯一無二の作家だ。

 

以下、ネット上の「コトバンク」による八切止夫氏の説明。

昭和期の小説家


生年大正5(1916)年12月22日
没年昭和62(1987)年4月28日
出生地神奈川県横浜市中区花咲町
本名矢留 節夫
別名旧筆名=耶止 説夫
学歴〔年〕日本大学文学部〔昭和11年〕卒
主な受賞名〔年〕小説現代新人賞(第3回)〔昭和39年〕「寸法武者」
経歴戦前から、耶止説夫の筆名で「新青年」に作品を発表していたが、大本営執筆禁止第1号となり、休筆を余儀なくされる。終戦時には割腹未遂を起こすが再起。昭和30年日本シェル出版を創立、「西郷隆盛」などの自著を多く刊行する。39年「寸法武者」で小説現代新人賞を受賞し、以後歴史作家として幅広く活躍した。意表をつく新説で人気を得た。「信長殺し、光秀ではない」「戦国意外史」「庶民日本史辞典‐八切史観」など多くの著書があり、「サンカの歴史」「サンカ民俗学」などの山〓(さんか)民研究書でも知られる。

≫ 

 

f:id:someone1998:20180523024112j:plain

 

____

続きは、メルマガで。

 

メルマガ「偉人列伝」。

ご登録はこちらから。

http://www.mag2.com/m/0001682071.html

 

____